海外起業はビザが必須!駐日大使館で発行!

webassist
海外起業は就労ビザの取得が必須

突然ですが、海外旅行などで「ビザ」を申請したことはありますか?
海外に行ったことがない人は「ビザって何のために必要なの?」と、ビザを取得する目的が不明ですよね。

海外起業はビザが必須

ビザは、日本では「査証(さしょう)」と呼ばれ、渡航先の国に入国を許可するために発行され、「入国許可証」といえば分かりやすいでしょう。

たまにテレビで外国人が不法就労しているニュースが流れていますが、これは就労ビザを持たずに観光ビザで就労しているからです。

そのため、日本人が海外で起業する場合も、その国の就労ビザの申請・取得が必須。
ここからは、海外起業で必要になる「ビザ」に関して詳しくご説明いたします。

1.ビザとは?海外起業は就労ビザの取得が必須!

通常、海外に行くとき「パスポート」が必要なのは誰でもご存知でしょう。
パスポートは、日本国籍の人は日本政府から発行され、海外に渡航する人の国籍や身分を証明するものです。

つぎにビザの説明ですが、「ビザ」は渡航する国の大使館や領事館に申請すれば発行される「入国許可証」のことです。

ビザの発行の際はパスポートが必要になり、パスポートの中にスタンプが押される、ステッカーを貼られるという形で発行が行われます。

日本にある世界の大使館・領事館は、『外務省 駐日外国公館リスト』で閲覧できるので、申請の際は参考にご覧ください。

海外起業は「就労ビザ」の申請・取得が必須

一般的に90日以内の観光などで海外に渡航する場合、ビザは必要ない国がほとんどですが、渡航する目的が観光ではない就労を目的とする場合は、大抵の国では就労ビザが必要になります。

海外起業は就労ビザの取得が必須

ただし、渡航先の国や目的、滞在期間によって要否、種類が異なるので、渡航先の大使館・領事館で事前にチェックしておきましょう。

ビザの要否に関しては、下記のサイトの中で全世界の情報が掲載されているので参考にごご覧ください。
『海外出張navi ビザが必要な国』

また、ビザの申請は、これも国や渡航目的で異なりますが、一般的に以下の書類は必要になります。

  • パスポート
  • ビザ(査証)申請書および証明写真(1~3枚)
  • その他の書類(英文経歴書、無犯罪証明書、健康診断書、戸籍抄(謄)本、予防接種証明書など)

以上のように、海外で起業するには、渡航する国の大使館・領事館で申請して就労ビザの取得が必須になります。

申請する際の細かいルールや必要な書類は渡航先国で異なるので、しっかり確認してルールに沿って正確に申請するのが大切です。

また、申請からビザ発行までの日数も事前に確認して、余裕を持って申請するようにしましょう。

2.まとめ

海外で起業するには、渡航する国の大使館・領事館に申請して就労ビザの発行が必須。

ちなみに、ビザの取得にはパスポートが必要になるので、パスポートを持っていない方は、まずはパスポートを手に入れる必要があります。

就労ビザの申請や発行にかかわるルールや必要なものは渡航先国で異なるので、時間に余裕をもって大使館や領事館で確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です